極上魚沼コシヒカリをこめ作りのプロ 太田昌義さんが育て上げました

天日乾燥 (生産農家 太田昌義さん)新潟県魚沼十日町産コシヒカリ

奇跡的な自然条件の調和が揃う魚沼地区

世界有数の豪雪地帯

栄養豊富な雪解け水は肥沃な土壌を作り出します

肥沃な土壌

肥沃な土壌とは、肥えた豊かな土壌の事を言います。そんな土壌が良質米を育みます。

土地の標高と昼夜間の寒暖の温度差

うまみを大きく左右するのは昼夜の寒暖差。稲作にもっとも大切な昼夜の寒暖差が大きい十日町地区では昼間に、太陽の光を十分に受けた稲が、涼しい夜においしさと栄養をじっくり米粒に蓄えます。

そんな魚沼地区でもお米の名産地に数えられている十日町地区

生産農家 太田昌義さんが愛情込めてお米を育てます

生産者 太田昌義さん

天日干しのお米

天日でじっくりと乾燥させることでコシヒカリ本来の甘みや風味を引き出しております。昔ながらの自然乾燥法で、20日から一ヶ月ほど、ゆっくりじっくり乾燥させて仕上げます。そうする事でお米にストレス無く美味しいお米が出来ます。

関連記事

  1. 蛍の里 くびき米(新之助) 

  2. 蛍の里 くびき米(特別栽培米コシヒカリ) 

  3. リ・ボワット(人気銘柄米食べ比べセット)

  4. 越後の至宝 南魚沼塩沢産コシヒカリ

  5. 朱鷺認証 特別栽培米 新潟県佐渡産コシヒカリ

  6. 佐渡羽茂(はもち)産コシヒカリ

  7. 新潟県岩船朝日産コシヒカリ

  8. 新潟県東蒲原上川産コシヒカリ

  9. 特別栽培米 新潟産コシヒカリ